トーマス・ハント モーガン(英語表記)Thomas Hunt Morgan

20世紀西洋人名事典の解説


1866.9.25 - 1945.12.4
米国の遺伝学者,発生学者。
元・カリフォルニア工科大学生物学実験所所長。
ケンタッキー州レキシントン生まれ。
1890年ジョーンズ・ポプキンス大学で学位を取得後、1891〜1904年ブリン・モア女子大学准教授、’04〜28年コロンビア大学教授、’28〜45年カルフォルニア工科大学教授を歴任。この間、発生学の研究を経て、1900年にメンデルの法則の再発見とともに遺伝学に進む。’07年頃からショウジョウバエを実験材料にして研究を行い、’10年突然変異体を発見し、以後精力的に伴性遺伝、連鎖などの現象を解明するなど遺伝学の基礎を確立する。’33年、これらの業績が認められノーベル生理・医学賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android