ドゥジンツェフ(読み)どぅじんつぇふ(英語表記)Владимир Дмитриевич ДудинцевVladimir Dmitrievich Dudintsev

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥジンツェフ
どぅじんつぇふ
Владимир Дмитриевич Дудинцев Vladimir Dmitrievich Dudintsev
(1918―1998)

ソ連の小説家。ハリコフ県クピャンスクの出身。モスクワの法科大学卒業後、第二次世界大戦の開始とともに陸軍に招集され、レニングラード(サンクト・ペテルブルグ)近郊の戦いで重傷を負う。1942年から終戦までシベリアの軍検察局に勤務し、詩や短編を書き始めた。スターリン時代の硬直した官僚主義体制の否定面を大胆に暴いた長編の代表作『パンのみによるにあらず』(1956)は、スターリン批判後の状況のなかで大きな反響をよんだ。
 しかしそれ以後、ほとんど作品を発表せず忘れられた作家となっていたが、ペレストロイカとともに、30年ぶりに『白い衣』(1987)が活字となった。スターリン時代にソ連の生物学界で猛威をふるった「ルイセンコ」派に戦いを挑む誠実な生物学者たちを主人公にした作品。1988年度、ソ連国家賞を受賞。[水野忠夫]
『山村房次・久野公訳『パンのみによるにあらず』(1957・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android