コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥラン Durão, José de Santa Rita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥラン
Durão, José de Santa Rita

[生]1737? ミナスジェライス,カタプレタ
[没]1784.1.24. リスボン
ブラジル生れのポルトガルの詩人。リオデジャネイロのイエズス会学校で人文学を学んだのち,ポルトガルに渡り,リスボンのアウグスチノ修道会神学校で教え,またコインブラ大学で神学を修め司祭となる。イタリアにも滞在し,ランチジアーナ公共図書館の司書に任命された。 1778年ポルトガルへ帰り,コインブラ大学の神学教授に選ばれた。翌年アウグスチノ修道会に戻り,D.A.コレイアによるバイア (ブラジル北東部) 発見を歌った叙事詩『カラムルー』 Caramuru (1781) を書上げた。この詩は南アメリカの風景と先住民の生活の描写で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドゥランの関連キーワードフランシスコ ビリャタイワンレンギョウセンデロ・ルミノソゴメスパラシオパイジェッロペルゴレージモンパルナスドゥランゴ州ロマンセーロピッチーニファンランピッチンニラグナ地区マピミ盆地3月31日エクアドル3月23日ハリマツリテソソモクドゥランゴ