コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥレス Durrës

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥレス
どぅれす
Durrs

南東ヨーロッパ、アルバニア中西部の都市。アドリア海に臨み、同国随一の港湾都市。人口11万3900(2003推計)。紀元前7世紀ごろギリシア植民による港町エピダムヌスEpidamnusとして興り、ローマ時代はディラキウムDyrrhachiumとよばれてアドリア海とバルカン内陸部を結ぶ交通路の起点として栄え、その重要性のゆえにノルマン、シチリア、セルビア、ベネチア、トルコなどに支配された。1913年アルバニア独立の当初はその首都であった。商業と交通の中心地であるとともに、造船所、発電所を有し、織物、食品、皮革、たばこなどを産出するアルバニア第二の工業都市でもある。また美麗な砂浜があることでも知られる。[大羽奎介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドゥレスの関連キーワードシャルル・ダンジューホルディ サバールルーマニア文学

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android