コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥレス ドゥレス Durrës

2件 の用語解説(ドゥレスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドゥレス(Durrës)

ドゥラス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥレス
どぅれす
Durrs

南東ヨーロッパアルバニア中西部の都市。アドリア海に臨み、同国随一の港湾都市。人口11万3900(2003推計)。紀元前7世紀ごろギリシア植民による港町エピダムヌスEpidamnusとして興り、ローマ時代はディラキウムDyrrhachiumとよばれてアドリア海とバルカン内陸部を結ぶ交通路の起点として栄え、その重要性のゆえにノルマン、シチリアセルビアベネチアトルコなどに支配された。1913年アルバニア独立の当初はその首都であった。商業と交通の中心地であるとともに、造船所、発電所を有し、織物、食品、皮革、たばこなどを産出するアルバニア第二の工業都市でもある。また美麗な砂浜があることでも知られる。[大羽奎介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥレスの関連キーワードドゥラスボナベントゥラドゥアップドゥーアップドゥーリンドゥワップラス・メドゥラスメドゥラ・ザクシイドゥランブルの公式シュトゥルム・ウント・ドゥラング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドゥレスの関連情報