ドケルバン病(読み)どけるばんびょう(英語表記)Dokervan disease

知恵蔵miniの解説

ドケルバン病

腱鞘炎の一種手首親指側にある2本のと、それらの通り道であるトンネル様の腱鞘の間に起こる炎症によって痛みが出たり、手指が開きにくくなったりする。狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)ともいう。妊娠・出産期や、更年期の女性が罹患しやすく、ホルモンバランスの変化が原因とみられている。指を頻繁に使うスポーツ選手や演奏家などにも起こりやすいほか、パソコンやスマートフォンを頻繁に使うことで症状を起こす人も増えているとみられる。親指を内側に握り込んで小指側に手首を曲げて痛みが増大する場合は発症の疑いがある。治療には局所の安静が大切で、テーピング湿布などの使用、無理のない範囲でのストレッチも効果がある。症状が重い場合にはステロイド注射や手術を行うケースもある。

(2020-2-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android