コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーピング テーピングtaping

翻訳|taping

デジタル大辞泉の解説

テーピング(taping)

[名](スル)スポーツ選手などが傷害の治療・予防のために、関節・筋肉・靭帯(じんたい)などにテープを巻きつけること。「足首をテーピングする」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

テーピング

スポーツにおいて傷害を受けた,あるいは傷害を受けそうな筋肉や靱帯(じんたい)を保護・補強・固定するための粘着性の布テープ,またはその方法。アメリカン・フットボールのような肉体を酷使する競技を中心に使われていたものだが,現在では様々なスポーツにおいてアマ,プロを問わず広く使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

家庭医学館の解説

てーぴんぐ【テーピング】

 絆創膏(ばんそうこう)のような粘着テープなどを使って、四肢(しし)(手足)や躯幹(くかん)(胴体(どうたい))の動きを制限したり、筋肉を圧迫し、けが(外傷、障害)を治療したり、予防したりするのがテーピングです。
 使用するテープには、伸縮しないもの、伸縮するもの(エラスティック・テープ)のほか、皮膚を保護するためのアンダーラップなどの種類があって、使用する部位に応じて各種の幅のテープが用意されています。
 テーピングは、簡便な医療行為であって、関節の構造、腱(けん)・靱帯(じんたい)・筋肉の走行具合や役目などの解剖の知識のない人が行なうと、かえってけがを発生させることがあります。正しい教育を受けたアスレティックトレーナーなどに行なってもらうことが必要です。
 また、自分で自分にテーピングを行なうと、不十分なテーピングになることが多く、危険です。
 けがの治療のための固定・圧迫として行なうテーピングは、医師の治療を受けるまでの応急処置として非常に有効です。
 ねんざなどの再発防止のため、靱帯の補強や関節の運動方向の制限にテーピングが用いられることもあります。この場合、競技中にテーピングがゆるむと危険なので、緩んだら巻きかえることが必要です。また、競技が終わったらすぐにとることが必要です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テーピング【taping】

関節,筋肉,腱,皮膚,骨などを保護・補強するために使用する自着性の粘着テープの名称とその巻き方をいう。捻挫,靱帯損傷,肉離れ,腱炎,切創,骨折などの治療,再発防止,予防を目的として,広くスポーツ医学の分野で使用されている。おもなテープの種類には,非伸縮性のホワイトテープ,伸縮性のエラスティックテープ,ティアライトテープ,キネティックステープ等があり,その素材や厚さ,粘着力,サイズ(幅13~76mm)は,関節の固定,関節運動の制限,筋肉の保護などといった使用目的や部位によって選ぶことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

テーピング【taping】

( 名 ) スル
(運動選手などが事故防止や治療のために)関節・筋肉・靭帯じんたいなどにテープを巻くこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーピング

絆創膏」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テーピングの関連情報