ドデカネス[諸島](読み)ドデカネス

百科事典マイペディアの解説

ドデカネス[諸島]【ドデカネス】

エーゲ海南東部に散在するギリシア領の諸島。南スポラデス諸島とも。名は12島の意だが,実際はロードス島,カルパトス島,コス島など主要14島と約40の小島からなる。全般に山がちで,ブドウ,オリーブ,海綿などを産する。古代フェニキア,ギリシアの植民を経て,前4世紀アレクサンドロス大王に征服された。1522年トルコ領,1911年―1912年のイタリア・トルコ戦争後イタリア領。1947年からギリシア領。2714km2。19万71人(2001)。
→関連項目エーゲ海ピタゴリオンとヘラ神殿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドデカネス[諸島]【Dodecanese】

エーゲ海の南東部,小アジア海岸に沿って点在するギリシア領の島々。現代ギリシア語ではドデカニソスDhodhekánisos。ドデカネス(ドデカニソス)は〈12の島〉の意味であるが,現実には歴史的経緯から十数個の島が含まれる。中心となるのはロードスコスの2島。古来ギリシア圏に属したが,近代ギリシアの独立に際してはトルコ領として残され,1911年のイタリア・トルコ戦争によってイタリア領となる。47年にギリシア領に編入。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android