ドミナツス体制(読み)ドミナツスたいせい(英語表記)dominatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミナツス体制
ドミナツスたいせい
dominatus

3世紀末のローマ皇帝ディオクレチアヌス,ないしは4世紀初頭のコンスタンチヌス1世 (大帝) によって確立された専制君主政。皇帝を主ドミヌス dominusと呼ばせたのでこの名がある。これ以後を後期ローマ帝国ともいう。皇帝は絶対権力を有し,最高の立法,司法,軍事,行政権を一身に集中させた。それをイデオロギーの点から正当化させたのが神寵帝理念であり,実際には東方的な宮廷儀礼の導入によって皇帝の神聖化がはかられた。これらドミナツス体制の諸特徴は,すでに元首政 (プリンキパツス ) から徐々に現れているが,ディオクレチアヌス,コンスタンチヌスらは帝国の再建のために皇帝絶対化による体制強化を体系化したといえる。特にコンスタンチヌスはキリスト教を公認することによって,それを皇帝権の精神的支柱とすることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android