コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライジン dry gin

デジタル大辞泉の解説

ドライ‐ジン(dry gin)

辛口のジン。もっとも一般的なジンで、カクテルにも多く用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

飲み物がわかる辞典の解説

ドライジン【dry gin】


辛口のジン。とうもろこし、ライ麦、大麦麦芽などを発酵させ、連続式蒸留機で蒸留したあと、ジュニパーベリー(西洋ねずの実)を主に、コリアンダー、アニス、レモン果皮などの香草・香辛料とともに単式蒸留機で再蒸留してつくる。ジンがオランダからイギリスに渡り、産業革命を経て大量生産に適した製法となったもの。ロンドン周辺が主産地であったことから「ロンドンジン」「ロンドンドライジン」ともいうが、現在はイギリスの他の地方や他の国でもつくられ、一般的には現在「ジン」というとこれをいうことが多い。⇒ジンジュネバ

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

ドライジンの関連キーワードシンガポールスリングアプリコットカクテルアラウンドザワールドオレンジブロッサムジンアンドトニックプリンセスメアリークローバークラブオールドトムジンアレキサンダークラブカクテルミリオンダラーホワイトレディジンリッキーピンクレディジンフィーズネグローニ青い珊瑚礁アラスカ州ジンフィズジンバック

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドライジンの関連情報