コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライジン ドライジン dry gin

2件 の用語解説(ドライジンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドライ‐ジン(dry gin)

辛口のジン。もっとも一般的なジンで、カクテルにも多く用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ドライジン【dry gin】


辛口のジン。とうもろこし、ライ麦、大麦麦芽などを発酵させ、連続式蒸留機で蒸留したあと、ジュニパーベリー(西洋ねずの実)を主に、コリアンダーアニスレモン果皮などの香草・香辛料とともに単式蒸留機で再蒸留してつくる。ジンがオランダからイギリスに渡り、産業革命を経て大量生産に適した製法となったもの。ロンドン周辺が主産地であったことから「ロンドンジン」「ロンドンドライジン」ともいうが、現在はイギリスの他の地方や他の国でもつくられ、一般的には現在「ジン」というとこれをいうことが多い。⇒ジンジュネバ

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドライジンの関連キーワードトウモロコシ地帯砂糖蜀黍玉蜀黍色ガリッ子とうもろこし極堅もろこし村焼きもろこし砂糖トウモロコシトウモロコシ粉トウモロコシ中毒モザイク病(ソルガム・スーダングラス)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドライジンの関連情報