コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライジン ドライジンdry gin

2件 の用語解説(ドライジンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドライ‐ジン(dry gin)

辛口のジン。もっとも一般的なジンで、カクテルにも多く用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

飲み物がわかる辞典の解説

ドライジン【dry gin】


辛口のジン。とうもろこし、ライ麦、大麦麦芽などを発酵させ、連続式蒸留機で蒸留したあと、ジュニパーベリー(西洋ねずの実)を主に、コリアンダーアニスレモン果皮などの香草・香辛料とともに単式蒸留機で再蒸留してつくる。ジンがオランダからイギリスに渡り、産業革命を経て大量生産に適した製法となったもの。ロンドン周辺が主産地であったことから「ロンドンジン」「ロンドンドライジン」ともいうが、現在はイギリスの他の地方や他の国でもつくられ、一般的には現在「ジン」というとこれをいうことが多い。⇒ジンジュネバ

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドライジンの関連情報