コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラゴミルナ修道院 ドラゴミルナシュウドウイン

1件 の用語解説(ドラゴミルナ修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドラゴミルナ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ドラゴミルナ修道院】

Mănăstirea Dragomirna》ルーマニア北東部の村ドラゴミルナにある修道院。スチャバの北西約15キロメートルに位置する。17世紀初頭、モルドバ公国の高官ルカ=ストロイチの支援により創設。ブコビナ地方南部の教会建築の中でも独特な非常に細長い平面構成をもち、高さ42メートルの塔がある。正面部分は黄色い砂岩で作られ、内側の一部にキリストの磔刑(たっけい)をはじめとするフレスコ画が残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラゴミルナ修道院の関連キーワード逆写像交換法則全単射置換群外分M-N コンバータNかMかMとN探偵局/夜に向って撃て指数法則(数学)ルンゲの規則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone