コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラビダ諸族 ドラビダしょぞくDravidians

1件 の用語解説(ドラビダ諸族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラビダ諸族
ドラビダしょぞく
Dravidians

インドの南部と中部,スリランカなどに住むドラビダ語を話す人々の総称。起源は不明で,多くの異なる文化的・形質的形態をもつ。インド=アーリア人が移住してきたときにインドにいた先住民族としてベーダ聖典に現れた人々であるという既存の通説は,現在では疑問視する学者もいる。宗教形態も雑多であるが,一般に宗教は,祖先崇拝,地方神,太陽神などを信仰し,カーストが高くなるほど,ヒンドゥー教に近い信仰形態をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone