コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリオピテクス型 ドリオピテクスがた dryopithecus pattern

1件 の用語解説(ドリオピテクス型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドリオピテクス型
ドリオピテクスがた
dryopithecus pattern

ヒトおよび類人猿の下顎大臼歯において,後外方の咬頭 (表面の突出部) をはさんだ両側の溝と,内方の溝によってY字の形がつくられているものをさす。ドリオピテクスという化石霊長類にみられたことから,W.グレゴリーによって 1928年に名づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドリオピテクス型の関連キーワード永久歯オレオピテクスギガントピテクス臼歯小臼歯大臼歯ラムフョルト指数化石類人猿《類人猿の知恵試験》脱換異常 (abnormal shedding)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone