ドリガルスキ(英語表記)Erich von Drygalski

世界大百科事典 第2版の解説

ドリガルスキ【Erich von Drygalski】

1865‐1949
ドイツの地理学者,探検家。ケーニヒスベルク(現,ロシアカリーニングラード)に生まれた。1899‐1906年ベルリン大学地理学・地球物理学教授。以後1935年までミュンヘン大学教授として,海洋学・極地研究に当たる。1891年および92‐93年グリーンランドを探検,その報告書(2巻,1897)を刊行した。南極探検が国際的競争となった1902年ドイツ帝国政府支援のもとに探検船ガウス号で南極海に入ったドリガルスキは,ケルゲレン諸島に寄り,陸地を求めて南進し,南緯60゜30′,東経90゜で海岸線に達してカイザー・ウィルヘルム2世ランドと命名した(現,ロシアのミールヌイ基地付近)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android