コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリュク ドリュクDeluc, Jean André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドリュク
Deluc, Jean André

[生]1727.2.8. ジュネーブ
[没]1817.11.7. ウィンザー
スイス生れで,おもにイギリスで活躍した地質学者,自然哲学者。初めパリを中心に商業活動に従事,広く旅行し,各地の地質,動植物に関する知識を深めた。のちロンドンに移り,ロイヤル・ソサエティ会員。一時ドイツに滞在し,ゲッティンゲン大学名誉教授 (1798~1804) 。パリの科学アカデミー通信会員。その後も数度にわたってアルプス地方を中心に旅行,調査,資料収集に努めた。豊富な学問的知見と,巧みな語学を駆使し,厳格なプロテスタントの信者として,地質学と創世記の調和を心がけ,地球の歴史に関する壮大な学説を展開,G.キュビエらを含む当時の人々に大きな影響を与えた。保守的な立場から J.ハットンの地球進化説に反対を唱えたことでも知られる。主著『地質学要論』 Elementary Treatise on Geology (09) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドリュクの関連キーワードエカチェリーナジョージ布屋次兵衛ブーランビリエエカテリーナジョージジョージ2世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)ポンシャルトラン光琳模様

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android