コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルジエフ

百科事典マイペディアの解説

ドルジエフ

ロシア籍のラマ教チベット仏教)僧。ザバイカルのホリ・ブリヤート族出身で,チベットではガワン・ドルジェと呼ばれる。ダライ・ラマ13世の信頼を得,英国のチベット進出に対抗してロシアへの接近策を進言,英軍のチベット侵攻(1904年)のきっかけを作った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドルジエフ【Agvan Dorzhiev】

1853‐1938
20世紀初頭,内陸アジアで特異な政治力を発揮したロシア籍のラマ僧。ザバイカルのホリ・ブリヤート族出身。チベット名をガワン・ドルジェNgag dbang rdo rjeという。1873年チベットのラサへ遊学,ダライ・ラマ13世の知遇をえる。当時イギリスはチベット進出の機会をうかがっていたが,ドルジエフはイギリスの対抗勢力であったロシアへの接近策をダライ・ラマへ進言し,その実現に努めた。しかし彼の活動は,イギリス軍のチベット侵攻(1904)の原因となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android