コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルジエフ

2件 の用語解説(ドルジエフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドルジエフ

ロシア籍のラマ教チベット仏教)僧。ザバイカルのホリ・ブリヤート族出身で,チベットではガワン・ドルジェ呼ばれるダライ・ラマ13世の信頼を得,英国のチベット進出に対抗してロシアへの接近策を進言,英軍のチベット侵攻(1904年)のきっかけを作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドルジエフ【Agvan Dorzhiev】

1853‐1938
20世紀初頭,内陸アジアで特異な政治力を発揮したロシア籍のラマ僧。ザバイカルのホリ・ブリヤート族出身。チベット名をガワン・ドルジェNgag dbang rdo rjeという。1873年チベットのラサへ遊学,ダライ・ラマ13世の知遇をえる。当時イギリスはチベット進出の機会をうかがっていたが,ドルジエフはイギリスの対抗勢力であったロシアへの接近策をダライ・ラマへ進言し,その実現に努めた。しかし彼の活動は,イギリス軍のチベット侵攻(1904)の原因となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドルジエフの関連キーワードタタールポグロム初頭内陸ベルエポックアジュマンタラハシーЛипецк松田寿男クアジモト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone