コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドル本位制 ドルほんいせいdollar standard system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドル本位制
ドルほんいせい
dollar standard system

IMF体制の下で,ドルが金と対等の地位を占めていた国際通貨体制。ドルのみを金とリンクさせることにより国際通貨 (決済通貨) として信認するものであり,アメリカ経済が「世界の銀行」の役割を果たそうとするものであった。しかしこの体制は,米ドルが信頼される間は各国がドル不足に悩み,各国がドルを十分に持つようになると,ドルの信頼は薄れるという矛盾を有していた。 1971年にアメリカがドルと金との交換を停止したことからこの体制は崩壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドル本位制の関連キーワードドルペッグ制(dollar peg)ブレトンウッズ体制ドル基軸通貨体制スミソニアン協定流動性のジレンマ国際流動性問題ユーロ・ダラー金二重価格制国際通貨問題IMF平価ドル覇権景気循環IMF

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android