コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロワムシ(泥輪虫) ドロワムシ Synchaeta stylata

1件 の用語解説(ドロワムシ(泥輪虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドロワムシ【ドロワムシ(泥輪虫) Synchaeta stylata】

ドロワムシ科の輪形動物。湖沼や池のプランクトンとしてふつうに見られるが,汽水域にも出現する。夏に多い。体長0.2~0.3mmの倒円錐形で,中央部がやや広くなって後方になるに従って細くなる。頭盤の中央が膨らみ,左右両端に1対の剛毛があり,その中間に1対の暗赤色の眼点がある。剛毛の下方には耳のような突出部があり,その部分に生ずる繊毛は下方へたれ下がっている。側方触毛は体の後方の1/3のところにある。体と足との区別ははっきりせず,しだいに細くなって末端は小さい2本の趾になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドロワムシ(泥輪虫)の関連キーワード赤虫枝角類網みどろ岩虫鱗虫水澄輪形輪形動物輪虫ホシカムシ類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone