コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーミン Domin, Hilde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーミン
Domin, Hilde

[生]1912.7.27. ケルン
[没]2006.2.22.
ドイツのユダヤ系女流詩人。ハイデルベルク,ケルン大学などで経済学,社会学を学び,マンハイムヤスパースに師事。ナチス政権成立後亡命して,イギリス,アメリカで教師生活を続け,20年後に帰国。詩集『帰航』 Rückkehr der Schiffe (1961) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のドーミンの言及

【アブシジン酸】より

…その翌年,コーンフォースJ.Cornforthらが合成によってその構造を確認した。他方,これとはまったく独立にイギリスでは,ウェアリングP.F.Wareingらによって,カエデAcer pseudoplatanusの芽の休眠を引き起こす物質は何かを追究する研究が行われており,かれらはこの物質を結晶状にとり出し,ドーミンdorminと命名した(1965)。やがて,一見まったく異なるように思われるこれら二つの生理学的現象を引き起こす物質が,実は同一のものであることがわかり,以後アブシジン酸と呼ばれることとなった。…

※「ドーミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドーミンの関連キーワードアブシジン酸アバ朝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android