ナイキスト(英語表記)Harry Nyquist

世界大百科事典 第2版の解説

ナイキスト【Harry Nyquist】

1889‐1976
スウェーデンに生まれ,アメリカで活躍した電気通信工学者。1907年にアメリカに渡り,ノース・ダコタ大学を卒業,17年にイェール大学で物理学の博士号を取得した。アメリカ電話電信会社に入り,同社の研究部門がベル電話研究所に移されるとともに同研究所へ移籍した。高速度電信を研究し,チャンネル帯域幅と電信の速度について〈ナイキスト間隔Nyquist interval〉の概念を28年に得た。この概念は,符号化,復号化における標本化定理につながるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナイキストの言及

【安定性】より

… フィードバック制御系では,制御対象が本来漸近安定であっても,フィードバックを行うことによってシステムが不安定になることがある。したがって,フィードバック制御系の設計には安定性のチェックが不可欠であるが,それには1932年ナイキストH.Nyquistによって作図に基づく簡便な方法が示されている。しかし,ディジタル制御方式が普及しつつある今日では,ナイキストの安定判別法よりもむしろ古典的なラウスの安定判別法が有力になりつつある。…

※「ナイキスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android