コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイロン繊維 ナイロンせんいnylon fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイロン繊維
ナイロンせんい
nylon fibre

ポリアミド系の合成繊維の総称。ナイロン発明ののち,1938年に歯ブラシ用に初めて市販された。 39年に試験的に女子用靴下に用いられ,40年以降大量に生産された。ナイロン繊維の発明は,アクリル,ポリエステルなど同種の人造繊維の発達の端緒となった。特徴としては強く,軽く,見た目に美しいという点があげられる。比重は羊毛の 86%で生糸と同じ,吸湿性は綿の 10分の1と低い。耐摩耗性,伸縮性,熱固定性などにすぐれ,長所を生かした製品が多い。衣料用の織物,編み物をはじめ,靴下,傘,漁網,ロープ,タイヤコード,敷物,ナイロンペーパーパラシュートなどに広く使用されている。他繊維との混紡織物も広く出回っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナイロン繊維の関連キーワード繊維強化プラスチックウーリーナイロンコートールズウーリー加工防弾チョッキノメックスエアー漏れ溶融紡糸クラックペルロン化学繊維濾過

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナイロン繊維の関連情報