コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガサキシダ(長崎羊歯) ナガサキシダDryopteris sieboldii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガサキシダ(長崎羊歯)
ナガサキシダ
Dryopteris sieboldii

オシダ科の常緑性シダ植物。山地の林床に生育し,関東地方の南部から九州および中国大陸に分布する。観葉植物として栽培される。根茎塊状で,葉柄下部には披針形茶褐色鱗片をもつ。葉は長さ 70cm前後で,葉身は単羽状,羽片は細長く,胞子嚢群は円形で羽片中に散在する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナガサキシダ(長崎羊歯)の関連キーワードオシダ科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android