コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナジル人 ナジルびとNazirite

世界大百科事典 第2版の解説

ナジルびと【ナジル人 Nazirite】

古代のイスラエルにおいて,熱烈な信仰心をもって,神に特別に誓願して一定の宗教儀礼の定めを自己に課した人々のこと。ヘブライ語でナージールnāzîrとは〈聖別された人〉を意味し,誓願者はブドウ酒を断ち,髪を切らないなどの規定を守った。一時的誓願者と生涯の誓願者があり,サムソンは後者の例で,頭髪の定めがサムソン物語の重要な話として生かされている。パウロもまたある誓願を立てて,一時的にナジル人となった。【並木 浩一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ナジル人の関連キーワードヨハネ[バプテスマの]サムエル民数記デリラ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android