コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナデシコガイ ナデシコガイChlamys irregularis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナデシコガイ
Chlamys irregularis

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科。長 4cm,殻高 5.5cm,殻幅 1.5cmに達する。殻は扇形で,殻頂の前後に三角形状の耳があり,前耳のほうが広く大きい。右殻の前耳の下に足糸湾入がある。殻表の全面には細い放射肋があり,黄,紅,紫,褐色などの斑点や,黒褐色の斑条がみられる。房総半島・能登半島以南,台湾,中国に分布しており,潮間帯岩礁に足糸で付着している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナデシコガイ
なでしこがい / 撫子貝
[学]Chlamys irregularis

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科の二枚貝。太平洋側では房総半島、日本海側では富山湾以南の日本各地から、さらに台湾、中国までに分布し、潮間帯の岩礁に足糸で付着する。殻高55ミリ、殻長40ミリ、殻幅15ミリに達し、殻は扇形で、殻頂の前にある三角形の前耳突起は大きい。殻表には殻頂から多くの放射肋(ろく)が全面に走り、黄、赤、褐色などの地に黒褐色の斑(はん)条がある。左殻の彫刻は右殻のそれよりいくぶん粗い。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android