コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナフテン ナフテンnaphthene

翻訳|naphthene

5件 の用語解説(ナフテンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナフテン
ナフテン
naphthene

一般式は CnH2n 。五員環または六員環の飽和炭化水素,およびそれらにアルキル側鎖のついた誘導体に対する総称。シクロパラフィンともいう。多環式の飽和炭化水素を含める場合もある。ナフテンの代表的なものはシクロペンタンシクロヘキサンである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナフテン(naphthene)

石油に含まれるシクロアルカン(環状構造をもつ飽和炭化水素)の総称。代表的なものとしてシクロヘキサンが知られる。ナフテン系炭化水素。シクロパラフィン系炭化水素

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナフテン

シクロパラフィン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ナフテン【naphthene】

環状構造をもつ飽和炭化水素の総称。石油成分の一。性質はアルカンに似る。シクロペンタン・シクロヘキサンなど。シクロアルカン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナフテン
なふてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナフテンの関連キーワードアルキル地蠟アルキルシクロアルカンシクロアルケンアルキル基アルカンアルキンアルケンパラフィン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナフテンの関連情報