コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムツオ Nam Co

世界大百科事典 第2版の解説

ナムツオ【Nam Co】

中国,チベット自治区中部,ラサの北方約120kmにある湖。チベット語で〈天の湖〉の意。モンゴル語テングリ(騰格里)海という。チベット最大の内陸湖で,排水河川をもたず,ココ・ノール(青海湖)につぐ中国第2の塩水湖。面積1940km2,湖面は標高4718m。北側には起伏のあるチャンタン(羌塘)高原がひろがり,南側には氷河をいただくニエンチェンタンラ(念青唐古拉)山脈の主峰がそびえる。古来,チベット人の聖地の一つであり,信仰の対象とされてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android