コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内陸湖 ないりくこ inland lake

3件 の用語解説(内陸湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内陸湖
ないりくこ
inland lake

乾燥地域にあって,外洋に出口をもたない湖。通常,蒸発が盛んなため塩湖をなす。カスピ海アラル海バルハシ湖,青海,死海などがその例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ないりく‐こ【内陸湖】

無口湖(むこうこ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内陸湖
ないりくこ

海岸や沿岸に位置する湖に対して、内陸、とくに大陸内部に位置する湖。降水量が可能蒸発散量を下回るような乾燥地域に分布することが多いので、外洋への流出河川をもたない。湖に流出河川が存在しない場合、日本のような湿潤地域では湖水は地下水として漏出するが(浸透湖)、大陸内部の乾燥地域では、湖底からの漏水もみられず閉塞(へいそく)湖を形成する。このため、湖水はしだいに濃縮され、塩湖や鹹湖(かんこ)となる。流入河川の流量や湖面への降水量の影響を大きく受け、湖の水位変化が大きい。アメリカのグレート・ソルト・レーク、カザフスタンのバルハシ湖、カザフスタンとウズベキスタンにまたがるアラル海、中国の青海湖(せいかいこ/チンハイフー)、オーストラリアのエーア湖などが代表的な例である。[森 和紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内陸湖の関連キーワード外来河川乾燥地形砂漠末無川盆地身が持たない無口湖聞く耳を持たない箸より重い物を持たない出口の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone