コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルテックス narthex

翻訳|narthex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルテックス
narthex

建築用語。玄関間ともいう。聖堂建築において正面入口と身廊本体の間に設けられる広間外気に対して閉鎖される空間という点がポーチと異なる。本来は信徒以外はここまでしか入れず,聖堂内の典礼には参加できなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナルテックス【narthex】

キリスト教聖堂の正面入口の前に設ける広間。玄関の間ともいう。本来は聖堂内の儀式に参加できない未洗礼者,あるいは一時的に信徒の資格を停止された悔悟者の場所であった。厳密には外気から閉鎖されたものをいい,外気に開放されたものはポーチとよぶ。東方正教の聖堂では儀式をおこなうナオスnaos(聖所という)と正面入口との間にナルテックス(啓蒙所という)を設けた。【飯田 喜四郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ナルテックスの関連キーワードサン・フィリベール聖堂[トゥールニュ]サン・ビターレ聖堂[ラベンナ]サンタンブロジオ聖堂[ミラノ]サン・フランチェスコ聖堂サン・サバン修道院聖堂サン・ピエトロ大聖堂サン・マルコ大聖堂クリュニー修道院ダーラム大聖堂アンテチャペルキリスト教美術トリビューン教会堂建築ベズレーバシリカ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android