ナルテックス(英語表記)narthex

翻訳|narthex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルテックス
narthex

建築用語。玄関間ともいう。聖堂建築において正面入口と身廊本体の間に設けられる広間外気に対して閉鎖される空間という点がポーチと異なる。本来は信徒以外はここまでしか入れず,聖堂内の典礼には参加できなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナルテックス【narthex】

キリスト教聖堂の正面入口の前に設ける広間。玄関の間ともいう。本来は聖堂内の儀式に参加できない未洗礼者,あるいは一時的に信徒の資格を停止された悔悟者の場所であった。厳密には外気から閉鎖されたものをいい,外気に開放されたものはポーチとよぶ。東方正教の聖堂では儀式をおこなうナオスnaos(聖所という)と正面入口との間にナルテックス(啓蒙所という)を設けた。【飯田 喜四郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android