コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナロードナ・オドブラナ ナロードナ・オドブラナ Narodna Odbrana

2件 の用語解説(ナロードナ・オドブラナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナロードナ・オドブラナ
ナロードナ・オドブラナ
Narodna Odbrana

1908年に結成されたセルビア愛国主義者の政治文化団体。セルボ=クロアチア語で「民族防衛」の意。1908年10月7日のオーストリアハンガリー帝国によるボスニアヘルツェゴビナ併合に対処して組織され,セルビア政府の支持下に反オーストリア宣伝活動とテロ訓練に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナロードナ・オドブラナ
なろーどなおどぶらな
Narodna odbranaセルビア語

セルビアの民族主義的組織名。「民族防衛団」と訳す。1908年10月、オーストリア・ハンガリー二重王国がボスニア・ヘルツェゴビナを併合した直後、同地の領有をもくろんでいたセルビア王国の文民グループが組織。文化活動を中心に、ボスニア・ヘルツェゴビナのセルビア人大セルビア主義に基づく民族運動を広めようとした。第一次世界大戦に際し、オーストリアはセルビアに対する最後通牒(つうちょう)のなかで、この組織がサライエボ事件の背後にあるとみなした。[柴 宜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナロードナ・オドブラナの言及

【サラエボ事件】より

…オーストリア政府は,この事件の背後で糸を引くのがセルビアだと非難して,最後通牒をつきつけた。この最後通牒によると,1908年末にセルビアで組織された〈ナロードナ・オドブラナ(民族防衛団)〉がその背後団体だとされた。しかし,刺客に武器を供与するなどの援助をしたのは,大セルビアの実現を目指す秘密組織〈統一か死か(黒手組)〉であった。…

※「ナロードナ・オドブラナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナロードナ・オドブラナの関連キーワードショービニスムパシッチ主義者セルビアモンテネグロセルビア正教大聖堂SerbiaMontenegro愛国主義セルビアン・トリコロール・ハウンドサバ[セルビアの]ペラギッチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone