ナンジニア(英語表記)African palm civet

世界大百科事典 第2版の解説

ナンジニア【African palm civet】

別名アフリカヤシジャコウネコ,キノボリジャコウネコ。テンに似た食肉目ジャコウネコ科の哺乳類。アフリカのスーダンからセネガルアンゴラローデシアに分布。体長44~58cm,尾長46~62cm,体重2~5kg。胴と尾は長く,四肢が短い。顔は比較的丸く,吻(ふん)はとがらない。体は厚い毛におおわれ,黄白色ないし栗色がかった灰色,または褐色で,尾に輪状斑がある。両肩に二つの白斑があり,目だつ。麝香臭を出す腺は指の間や下腹部にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナンジニアの言及

【パームシベット】より

…体型はイタチ類に似るが,吻(ふん)がとがり,尾が長い食肉目ジャコウネコ科パームシベット亜科Paradoxurinaeの哺乳類の総称。アジア南部に5属6種,アフリカにナンジニア(キノボリジャコウネコ)1属1種があり,日本で知られるハクビシンもパームシベットに含まれる。また,ビンツロングも分類学的には含まれるが,通常パームシベットとは呼ばない。…

※「ナンジニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android