コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローデシア ローデシアRhodesia

翻訳|Rhodesia

5件 の用語解説(ローデシアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ローデシア(Rhodesia)

アフリカ南部にあった旧英国植民地。のち自治領となり、ザンベジ川を境に分割統治。1953~1963年のローデシアニアサランド連邦を経て、北ローデシアは1964年ザンビアとして独立。南ローデシアは、1965年少数白人政権が出て独立を宣言しローデシアと称したが、1980年総選挙の結果ジンバブエとして独立した。地名は、植民地の建設者セシルローズにちなむ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ローデシア【Rhodesia】

アフリカ南部にあった旧イギリス自治植民地。ザンベジ川以北を北ローデシア、以南を南ローデシアと称した。1964年前者がザンビアとして独立、後者は単にローデシアと呼ばれた。1965年白人政権の下、一方的独立宣言を行なったが、解放闘争を経て多数支配の下、80年ジンバブエとして独立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローデシア

ジンバブエ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローデシア
ろーでしあ
Rhodesia

アフリカ南部の内陸部にあったイギリスの植民地。地名は同植民地の建設者セシル・ローズに由来する。1889~99年にイギリス南アフリカ会社が支配地域とし、1924年イギリスの自治領となり、南・北ローデシアが分割統治されるようになった。1953~63年のローデシア・ニアサランド連邦の時代を経て、64年北ローデシアはザンビア共和国として独立した。南ローデシアでは、65年少数の白人が一方的に独立を宣言してローデシア問題が起こったが、80年ジンバブエ共和国として独立を達成した。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のローデシアの言及

【イギリス南アフリカ会社】より

…資本金は100万ポンドで,イギリス王室は25年後(その後は10年ごと)に特許を改正ないし廃止することができた。ローズはこの会社を通して南・北ローデシアを支配した(ローデシアの名もローズにちなむものである)。しかし,1920年代初め白人入植者の会社の独占的支配に対する反感が高まり,22年の国民投票の結果,南・北ローデシアはイギリスの自治植民地となり,特許会社の支配は終わった。…

【ジンバブウェ】より

…正式名称=ジンバブウェ共和国Republic of Zimbabwe面積=39万0757km2人口(1996)=1151万人首都=ハラレHarare(日本との時差=-7時間)主要言語=英語,ショナ語,ヌデベレ語通貨=ジンバブウェ・ドルZimbabwe Dollar南部アフリカの内陸にある独立国。イギリス領時代は南ローデシアSouthern Rhodesia,あるいはローデシアRhodesiaと呼ばれた。長い白人支配を脱して1980年に独立した。…

【ローズ】より

…この間,北方のヌデベレ族のローベングラ王から鉱業採掘権を入手し,1889年にはイギリス政府より特許をとってイギリス南アフリカ会社を興し,アフリカ人の土地を支配した。この地域は彼の名にちなんでローデシアRhodesia(現在のザンビア,ジンバブウェ)と命名された。95年ボーア人の国トランスバールの金鉱をイギリスの支配下に置くことを目的に,親友のL.ジェームソンらをトランスバールに侵入させたが,失敗した。…

※「ローデシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローデシアの関連情報