コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンナ Nanna

翻訳|Nanna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンナ
Nanna

北欧神話の女神。バルドルの妻で,フォルセチの母。バルドルがロキの悪巧みによって落命したあと,彼の死体が神々により船葬に付される最中に,ナンナは悲しみのあまり胸が張り裂けて死に,夫とともに冥府に行った。オーディンの息子の一人ヘルモズがフリッグにつかわされて死者の国の女王ヘルの館に来て,この夫婦と再会したとき,ナンナは上界に帰る彼に託して,フリッグとその忠実な侍女のフラにそれぞれ亜麻の織物と黄金の指輪を贈ったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナンナ

シン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のナンナの言及

【シン】より

…バビロニアの月神。シュメールではナンナNannaと呼ばれた。すでに前3千年紀の半ばころから文書に現れるが,サルゴン時代になってその名は人名の一部としても頻繁に用いられるようになった。…

※「ナンナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ナンナの関連キーワードウィシット・サーサナティヤンノンスィー・ニミブット難・南・男・納・軟・難イシュタルの冥界下降東南アジアの映画メソポタミア神話ウルナンム法典イシン・ラルサフォルセティ冥界訪問神話イシュタルニップールジッグラトイナンナ地獄下りテルグ語ビーナスドゥムジ牧野芳奈ニンリル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android