コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーセロッディーン・シャー Nāṣer al‐Dīn Shāh

世界大百科事典 第2版の解説

ナーセロッディーン・シャー【Nāṣer al‐Dīn Shāh】

1831‐96
カージャール朝の第4代シャー。在位1848‐96年。1848年に王位に就いたが,当時のイランの社会は,世直しを訴えるバーブ教徒の宗教反乱で混乱していた。これを立て直すためにモハンマド・タキー・ハーンを宰相に起用,財政,軍事,教育にかかわる近代化政策を実施させた。みずからも73年以降,たびたびヨーロッパ訪問旅行を行い,先進文化の摂取に努めた。しかし,1856‐57年のヘラート問題での対英戦争敗北,72年のイギリス人ロイターに始まる一連の利権譲渡によって,ヨーロッパ諸列強に対する政治的・経済的な従属度を強めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ナーセロッディーン・シャーの関連キーワードミールザー・アーガー・ハーン・ケルマーニーモハンマド・ハサン・ハーンミールザー・タキー・ハーン