徒労(読み)とろう

精選版 日本国語大辞典「徒労」の解説

と‐ろう ‥ラウ【徒労】

〘名〙 (形動) 無駄なことに力を費やすこと。また、骨を折ってしたことが報われないさま。無駄な骨折り
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉一〇〇「恃(たの)む可らざるを恃み、行く可らざるに行き、辛苦煩悶、(トラウ)徒費の愚を演ずること多きに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「徒労」の解説

と‐ろう〔‐ラウ〕【徒労】

むだな骨折り。無益な苦労。「せっかくの努力が徒労に帰す」「徒労に終わる」
[類語]無駄骨無駄足無駄駄目台無しふいおじゃん空中分解挫折くたびれもうけおしまいわやパンクぼつ余計余分蛇足だそく不必要不要不用無用無益あだいたずら不毛無駄骨折り骨折り損不経済二度手間無くもがなあらずもがな無にする無になる無に帰する水泡に帰する水の泡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「徒労」の解説

【徒労】とろう(らう)

むだ骨折り。〔抱朴子、釈滞〕五千は老子に出づとも、~但だ此の經を誦するのみにして、を得ざれば、直だ徒勞爲(た)るのみ。

字通「徒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android