コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーラダ法典 ナーラダほうてん Nārada

1件 の用語解説(ナーラダ法典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーラダ法典
ナーラダほうてん
Nārada

古代インドの法律書。ナーラダという太古の聖仙の作とされるが,バラモンの著作で,『マヌ法典』のあとをうけ,宗教的義務,生活規範を除き,もっぱら法規定を記したもの。訴訟法や取引法などの記述が詳しく,現実の裁判規範として用いられることを意図した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナーラダ法典の関連キーワードターラベーダヤバナ月蓋太古代バーラト摩訶婆羅多バーラタナーティヤムリグ・ベーダ古代インドネシア美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone