コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーラダ法典 ナーラダほうてんNārada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーラダ法典
ナーラダほうてん
Nārada

古代インドの法律書。ナーラダという太古の聖仙の作とされるが,バラモンの著作で,『マヌ法典』のあとをうけ,宗教的義務,生活規範を除き,もっぱら法規定を記したもの。訴訟法や取引法などの記述が詳しく,現実の裁判規範として用いられることを意図した。著作年代は4~5世紀のグプタ朝時代と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android