訴訟法(読み)ソショウホウ

百科事典マイペディアの解説

訴訟法【そしょうほう】

訴訟を規律する法規の総称。訴訟の種類に応じて,民事訴訟法刑事訴訟法行政事件訴訟法などの区別がある。裁判仕方を定めたものであるから,手続法とも呼ばれ,裁判における判断基準を定める実体法と相まって,紛争の解決(民事訴訟行政訴訟)あるいは刑罰権実現刑事訴訟)に奉仕する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そしょうほう【訴訟法】

訴訟の手続の進め方や,判決上訴のやり方を定める法規をいう。手続法ともいわれ,実体法に対する。訴訟法も実体法もともに訴訟を規律する法であるが,後者が判決の内容の基準,いわば裁判の実体に関する基準を定めているのに対し,訴訟法は,訴訟のやり方,いわば訴訟の形式を定めるものであるところから,形式法ともいわれる。訴訟は,これに関与する両当事者に,十分にその言い分を尽くさせ,裁判所がそれを公正に判断するようなしくみになっており,当事者からいえば,そのような不意打ちのない公正な裁判が迅速・安価に受けられるという地位を期待できるといえるが,そのような地位を確実に保障するための定めが訴訟法であり,訴訟法の理想も,当事者に対し,適正,公平,迅速,安価な訴訟をできるだけ保障することにある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そしょう‐ほう ‥ハフ【訴訟法】

〘名〙 訴訟の手続きを定めた法規の総称。民事訴訟法、刑事訴訟法、刑事訴訟規則など。手続法。〔東京日日新聞‐明治二一年(1888)一月五日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報