ニオビーデの画家(読み)ニオビーデのがか(英語表記)Niobid Painter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニオビーデの画家
ニオビーデのがか
Niobid Painter

古代ギリシアの赤像式陶画家。アッチカ地方で前475~前450年頃に活躍。パリのルーブル美術館所蔵のニオベの子らを描いたクラテルからこの名前で呼ばれる。この絵の,人物を土坡(どは)によって上下に配分する遠近法的な表現から,この画家が,当時の大壁画画家ポリュグノトスやミコンと最も近い関係にあり,最も野心的な陶画家であったことがわかる。(→赤像式陶器

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android