コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニオビーデの画家 ニオビーデのがか Niobid Painter

1件 の用語解説(ニオビーデの画家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニオビーデの画家
ニオビーデのがか
Niobid Painter

古代ギリシアの赤像式陶画家。アッチカ地方で前475~前450年頃に活躍。パリのルーブル美術館所蔵のニオベの子らを描いたクラテルからこの名前で呼ばれる。この絵の,人物を土坡(どは)によって上下に配分する遠近法的な表現から,この画家が,当時の大壁画画家ポリュグノトスやミコンと最も近い関係にあり,最も野心的な陶画家であったことがわかる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニオビーデの画家の関連キーワードアテネギリシャ語赤絵式陶器ギリシア喜劇黒絵式陶器アンドキデスの画家エウテュミデスタナトスの画家《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone