コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニオー Niaux

世界大百科事典 第2版の解説

ニオー【Niaux】

フランス南西部,アリエージュ県にある村。人口約200。後期旧石器時代の洞窟壁画遺跡がある。洞窟は,標高1190mの石灰岩の山脈を横に貫通して,二つの谷を連絡する巨大なもので,ニオーに面した洞窟をニオー洞窟,山をへだてたユッサUssat側のものをロンブリーブLombrives洞窟という。両洞窟はニオー洞窟の入口から1400m奥にある大きな池によって隔てられている。ニオー洞窟の壁画は1906年にH.ブルイユとカルタイヤックÉ.Cartailhacによって調査され,旧石器時代のものであることが明らかにされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ニオーの関連キーワードゲラニオール(データノート)トーマス・ハート ベントンモニカ ヴィッテイ太陽はひとりぼっちテルペンアルコールバンゴール大聖堂マカロニグラタンアントニオーニシトロネラソウシトロネロールマストロヤンニジャスミン油ゼッフィレリヴェルニョーラベンダー油フォンターヌゲラニオールゼラニウム油シトロネラ油シトラール

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android