ニザーミー・アルーズィー(読み)にざーみーあるーずぃー(英語表記)Niāmī 'ArŪī

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニザーミー・アルーズィー
にざーみーあるーずぃー
Nim 'Ar
(?―1160ころ)

ペルシアの散文家。サマルカンドの出身。長年にわたりアフガニスタンの支配者ゴール朝に仕えた。生涯はほとんど不明だが、1156年に執筆の『四つの講話』によりペルシア文学史上に名声を得た。この書では、王の側近として不可欠な人物、書記、詩人、占星術師、医師に関し、その本質を述べたあと、著名な人物がそれぞれの分野にわたり興味深い逸話とともに取り上げられている。とくに詩人に関する講話が名高く、ペルシア詩人研究の一流の資料と目される。医師に関する講話も中世イスラム医学研究に貴重な資料を提供している。流麗な文体により散文作品としても高い評価を得ている。[黒柳恒男]
『黒柳恒男訳『ペルシア逸話集』(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android