コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニシキテッポウエビ ニシキテッポウエビAlpheus bellulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニシキテッポウエビ
Alpheus bellulus

軟甲綱十脚目テッポウエビ科。体長約 4cm。黄白色地に紫褐色の不規則な縞模様がある。紀伊半島沿岸から沖縄県にかけての水深 1~5mの砂泥底に巣穴を掘って生活しているが,この穴にはダテハゼが同居している。ダテハゼは巣穴の周辺に外敵が近づくと尾を振ってニシキテッポウエビに知らせ,一方ニシキテッポウエビは触角でダテハゼに触れており,ダテハゼよりも遠くへ行くことは決してない。このようなハゼ類との共生関係は,インド西太平洋海域に広く分布するジブチテッポウエビ A. djiboutensis などでも観察されており,同居の相手としてはダテハゼのほか 7~8種のハゼ類が知られている。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニシキテッポウエビの関連キーワード甲類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニシキテッポウエビの関連情報