ニジニ・タギル(英語表記)Nizhnii Tagil

世界大百科事典 第2版の解説

ニジニ・タギル【Nizhnii Tagil】

ロシア連邦中部の工業都市。ウラル山脈中部の東斜面,タギル河畔にある。人口43万4000(1993)で,スベルドロフスク州第2の都市である。1721年に付近の鉄鉱山の採掘が始まり,25年に町となり,ウラル製鉄業の中心となった。現在,レーニン製鉄コンビナート,ウラル鉄道車両工場などがあり,前者は高品位鋼の,後者は大型貨車の生産で重要な地位を占めている。【米川 哲夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android