コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニチリンヒトデ(日輪海星) ニチリンヒトデSolaster paxillatus

世界大百科事典 第2版の解説

ニチリンヒトデ【ニチリンヒトデ(日輪海星) Solaster paxillatus】

ヒトデ綱ニチリンヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物。東北地方から北太平洋に分布し,水深200~700mの海底にすむ。全体は暗褐色で,中心にある大きな盤から8~12本(9本が多い)の太い腕が放射状にでる。腕の長さは約7cm。盤,腕ともに多くの小柱体で密におおわれている。腹面は淡黄色。近縁種のアカニチリンヒトデS.borealisは腕がやや細く,腕の側方に並んでいる下縁板は非常に顕著。ほかにウチダニチリンヒトデS.uchidaiもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ニチリンヒトデ(日輪海星)の関連キーワード縁板

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android