コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュガト Nyugat

1件 の用語解説(ニュガトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニュガト【Nyugat】

ハンガリーの文学革命に最も影響を与えた代表的文芸誌(1908‐41)。誌名は〈西方〉の意。1929年まではオシュバートOsvát Erno(1876から78‐1929),その後モーリツZ.,バビッチ,ゲレールトGellért Oszkár(1882‐1967)が,33年にモーリツが抜けてからは上記の2人が編集の主導権をとった。編集方針は,一定の水準をもった時代にふさわしい文学作品のすべてに場を提供することと,名前のごとく西洋の文学を紹介することにあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のニュガトの言及

【ハンガリー】より

…社会問題をテーマとするこれらの文学は,西欧の新思潮の影響と相まって,国民文学から世界文学への脱皮を示すものである。その代表的な存在はアディで,彼を中心とした文芸誌《ニュガト(西方)》には,多彩な詩人,作家が集まった。そのうちバビッチ,ユハースJuhász Gyula(1883‐1937),コストラーニKosztolány Dezsőらは象徴派の流れを汲む詩人たちで,一方,モーリツは《ニュガト》から出発したが,ハンガリー的近代リアリズムの祖といわれるように,独自の方向に進んだ。…

※「ニュガト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone