コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューエコノミクス ニューエコノミクスnew economics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューエコノミクス
new economics

新経済学派ともいう。一般にはケインズ経済学を背景として新古典派総合の立場を取る経済学派。 1960年代前半のアメリカの J.F.ケネディ,L.ジョンソン両民主党政権の経済政策の理論的支柱となってきた。その目標は GNPギャップを解消して経済のもつ潜在成長力を十分に発揮させることであり,そのために財政金融政策を活用することを主張した。また成長政策によるインフレを防止するためにはガイドライン政策をとることを主張。 P.サミュエルソン,H.ヘラー,J.トービンなどが主唱者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニューエコノミクスの関連キーワードグリーンニューディールシカゴ学派

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android