コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューランド ニューランド Nieuwland, Julius Arthur

2件 の用語解説(ニューランドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューランド
ニューランド
Nieuwland, Julius Arthur

[生]1878.2.14. ベルギー,ハンスベーケ
[没]1936.6.11. アメリカワシントンD.C.
ベルギー生れのアメリカの化学者。ノートルダム大学卒業後,アメリカのカトリック大学で学び,1904年学位取得。ノートルダム大学植物学教授 (1904~18) ,有機化学教授 (18) 。学位論文アセチレンの反応に関するものであったが,その後もこの研究を続け,28年,塩化第一銅と塩化アンモニウムの混合物 (ニューランド触媒) を用いてアセチレン誘導体の合成に成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ニューランド【Julius Arthur Nieuwland】

1878‐1936
アメリカの化学者。ベルギーに生まれたが,幼少のときアメリカに渡り,1899年ノートル・ダム大学を卒業,1903年ローマカトリック教会の牧師となる。同時にアメリカ・カトリック大学で生物学と化学を学び,18年からノートル・ダム大学有機化学教授となる。主要な業績はアセチレン化学に関するもので,塩化銅系触媒の存在下でアセチレンからモノビニルアセチレンとジビニルアセチレンの生成に成功,後にデュポン社における合成ゴムデュプレンDuprene〉(後にネオプレンNeopreneと改称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニューランドの関連キーワード核エネルギー熱エネルギーアネルギー二次エネルギーベルギーホワイトベルギービールエネルギー学エネルギーレベルエネルギー・レベルベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニューランドの関連情報