コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューランド ニューランドNieuwland, Julius Arthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューランド
Nieuwland, Julius Arthur

[生]1878.2.14. ベルギー,ハンスベーケ
[没]1936.6.11. アメリカ,ワシントンD.C.
ベルギー生れのアメリカの化学者。ノートルダム大学卒業後,アメリカのカトリック大学で学び,1904年学位取得。ノートルダム大学植物学教授 (1904~18) ,有機化学教授 (18) 。学位論文はアセチレンの反応に関するものであったが,その後もこの研究を続け,28年,塩化第一銅と塩化アンモニウムの混合物 (ニューランド触媒) を用いてアセチレン誘導体の合成に成功した。この発見はのちにデュポン社による合成ゴム (ネオプレン) の製造を導いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニューランド【Julius Arthur Nieuwland】

1878‐1936
アメリカの化学者。ベルギーに生まれたが,幼少のときアメリカに渡り,1899年ノートル・ダム大学を卒業,1903年ローマカトリック教会の牧師となる。同時にアメリカ・カトリック大学で生物学と化学を学び,18年からノートル・ダム大学有機化学教授となる。主要な業績はアセチレン化学に関するもので,塩化銅系触媒の存在下でアセチレンからモノビニルアセチレンとジビニルアセチレンの生成に成功,後にデュポン社における合成ゴム〈デュプレンDuprene〉(後にネオプレンNeopreneと改称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニューランドの関連キーワードエジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人エアトンメンデンホールローレンツゴールドシュミットシュテルンベルグハリス

ニューランドの関連情報