コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーナワー県 ニーナワーNīnawā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニーナワー〔県〕
ニーナワー
Nīnawā

イラク北西部,シリアと国境を接する県。県都モースル。 1969年,旧モースル県を,ニーナワー県とダフーク県に2分して設置された。県都のすぐ北に古代アッシリアの都市ニネベの遺跡があることから,この名称をつけた。チグリス川が北から南へ貫流している東側の部分を除き,県内の大部分は涸れ川 (ワディ) や塩の平原の多い乾燥地帯である。チグリス川の両岸は耕地が広がり,大麦,小麦,果物などが主要農産物であるが,石油開発も重要な産業である。ニネベのほか,ホルサバード,アッシュールなど古代遺跡が多い。面積3万 7323km2。人口 147万 9430 (1987) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニーナワー県の関連キーワードシャルカート

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android