ヌペ(読み)ぬぺ(英語表記)Nupe

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヌペ」の解説

ヌペ
ぬぺ
Nupe

西アフリカのナイジェリア中西部、ニジェール川流域の南北に広がる地域に居住するネグロイド系民族。人口約100万。コンゴ・コルドファン(ニジェール・コンゴ)語族クワ系諸語に属する言語ヌペ語を話す。雑穀やイネ、ヤムイモなどを主作物とする農耕民であるが、狩猟や漁労も行う。またヌペの一支族ケデは、ニジェール川主流に沿って居住し、流域の漁業権と河川運輸を独占し、独特の河川国家ともいうべき組織を形成した。ヌペは、15世紀ごろ、伝説的な英雄ツォエデによって統一されたといわれ、エツ(王)・ヌペとよばれる王をいただく。王国は18世紀後半に最盛期を迎えたが、19世紀に入ると、北方のイスラム教徒の牧畜農耕民フルベフラニ)のジハード(聖戦)がこの地にも及び、フルベの支配下に置かれた。ヌペ社会は男性を中心に組織されているが、女性は商業活動に従事することによって、男性に勝る経済力をもつ。このため、男性と女性の間には、しばしば軋轢(あつれき)が生じ、女性は妖術(ようじゅつ)師とみなされる。

[渡部重行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android