コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌミトル Numitor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌミトル
Numitor

古代ローマ伝説でロムルスとレムスの祖父とされる人物。ラテン都市アルバの王プロカスの長子だったが,父の死後,王位を弟のアムリウスに奪われ,息子たちを皆殺しにされた。しかしウェスタの巫女にされた娘のレア・シルウィアが,マルスの種によって生んだ双子ロムルスとレムスは,アムリウスによってティベル川に捨てられたが,奇跡的に助かって無事成長し,アムリウスを殺してヌミトルを王位に復させ,自分たちはアルバから分れて新市ローマを建設したとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヌミトルの言及

【ローマ神話】より


[ローマ建国伝説]
 ユルスから数えて13代目に当たるアルバ・ロンガの王プロカProcaに2子があった。兄ヌミトルNumitorは弟アムリウスAmuliusにより王位を簒奪(さんだつ)される。ヌミトルの男児は殺され,娘レア・シルウィアRhea Silviaは純潔保持を課せられるウェスタの巫女にされるが,マルス神によってみごもり,双子を生む。…

※「ヌミトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌミトルの関連キーワードロムルスレムス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android