コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーシャン(怒山)山脈 ヌーシャンさんみゃくNu shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーシャン(怒山)山脈
ヌーシャンさんみゃく
Nu shan

中国南西部,チベット (西蔵) 自治区からユンナン (雲南) 省にかけて延びる山脈。ホントワン (横断) 山脈の一部で,北半をターニエンターウェン (他念他翁) 山,南半をヌー (怒) 山またはピールオシュエ (碧羅雪) 山とも呼ぶ。東のランツァン (瀾滄) 江 (メコン川の上流) と,西のヌー江 (タンルウィン川の上流) との分水嶺をなし,両側の谷に急傾斜で落込んでいる。北部には標高 6000m以上の万年雪をいただく山が多いが,南に向って低下する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヌーシャン(怒山)山脈の関連キーワードヌーチヤン(怒江)リス族自治州ヌー(怒)江

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android