コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネイティブ広告 ねいてぃぶこうこく Native Advertising

2件 の用語解説(ネイティブ広告の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ネイティブ広告

オンライン広告の手法の一つ。2014年1月現在、定義は統一化されていないが、ウェブサイトブログ上に周囲の記事と同じ体裁で表示される記事型広告やタイアップ広告FacebookTwitterなどのソーシャルメディア上に投稿として表示されるスポンサー広告などがネイティブ広告に当たるとされる。固定の広告枠に配置されるのではなく、ウェブ媒体のデザインや構成に合わせてコンテンツや記事と同様の体裁で制作・表示される点が特徴。読み物として充実している点も共通している。近年、米国で大手メディア相次いで導入しており、日本でも注目が高まっている。一方で、読者が一目で広告とは判別しにくいことから、米国では政府当局が消費者保護のためネイティブ広告への監視を強めている。

(2014-1-22)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネイティブ‐こうこく〔‐クワウコク〕【ネイティブ広告】

native advertisingインターネット広告の一。ニュースSNSキュレーションサービスなどの媒体上に、コンテンツの一部のような体裁で表示される広告。新聞や雑誌の記事広告に相当する。名称は、他のコンテンツとなじみ、自然で違和感のない体裁であることから。ネイティブアド。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネイティブ広告の関連キーワードインターネット広告オンラインオンライン広告インラインオンライン銀行オンライン認証三八広告トレーンジャックオンラインゲームの日オンライントレードの日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネイティブ広告の関連情報