コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記事広告 きじこうこく

大辞林 第三版の解説

きじこうこく【記事広告】

新聞・雑誌などに、一見本文の記事と思わせる体裁で載せてある広告。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記事広告
きじこうこく
editorial advertising

新聞雑誌の本文記事と同じ体裁で組んだ広告。記事体広告ともいう。本文記事と見た目を似せることで,記事と同様の高い注目と信頼を得ようとするもの。媒体が責任を負う編集記事ではないことを明確にするため,「広告」「PR」などの表示がなされるのが一般的である。advertisement(広告)と editorial(論説)の合成語でアドバトリアル advertorialともいわれる。広告然とした広告が,読者に意識的に無視される場合があることから考案された。アドバトリアルは 1951年,アメリカ合衆国の "Atlantic Monthly"誌 12月号に掲載されたアメリカ鉄鋼協会の「鋼はどれだけあれば十分か」と題する論説調の広告を,同誌が名づけたのが最初である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

記事広告の関連キーワードインターネット広告涼宮菜月

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記事広告の関連情報